NANJYAKORYA 2
「なんじゃこりゃ!」って感じの「感動」を毎日感じていたい。人が聞いて「ふん!」て言われる出来事からボロボロと涙を流す出来事まで。

NANJYAKORYA Ⅱ by さんしろう

このブログを立ち上げて2年目が過ぎた。この期間の間、本当に数多くの出会いがあった。Tennisから始まった出会い, Honolulu Marathonをきっかけに出会った人達、そして感動のFINISHを体験。これからの出会いにワクワクし進化しつづける自分を応援する。私にかかわった人達、そして近未来にかかわる人達を応援し続ける。きゃぁ!素敵ですね。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮島包ヶ浦でのクリーンアップ
先日昇った二葉山!
その麓にある明星院(鬼門封じ)と宮島にある厳島神社(裏鬼門封じ)が密接な関係がある(広島城築城の逸話)ことは先日のブログで足跡を残している。

今日は、裏鬼門封じの役割がある宮島包ヶ浦でクリーンアップ(ごみ拾い)に参加した。このイベントには昨年から参加しているが色んなことを考えさせられる。
ごみも様々。宮島の地(広島)の特色もあるようだ。
・牡蠣養殖のパイプ(プラスチック)、発砲スチロール、煙草の吸殻、ガラス破片、・注射針(特殊なものでは・・・)
このボランティアでは、拾ったあとのごみの分析をするとことが凄いと思う。その結果をNPO経由で国際環境団体に報告するとのこと。
また、こどもの環境教育も含めて実施していることにも賛同し参加している。大人の行った結果が子供の生活に反映される。責任を感じる。もちろん私がやったことではないのだが・・・
miyajima-c07 miyajima-c06 miyajima-c05
またこのイベントにあの清掃登山(エベレスト、富士山等)で有名な『野口健』さん(野口健公式サイト)が参加された。参加者は、376名。この参加者を宮島桟橋から現地までピンポン輸送する案内役をしていた私は個人的に野口さんと今放映されている”日本チャチャチャ”の番組にまつわる話をさせてもらった。近々中に放映予定のホストとの登山、将来島田紳介さんに登山を経験してもらいたい気持ちなど聞けて野口さんの山に対する真摯な思いを感じれて良かった。身長は私(172cm)より少し低い位、体系は絞り込まれたいい感じ。握手した手は、肉厚があり世界の6大陸登山等を経験された歴史を感じるものだった。握力で野口さんの思いをさらに感じた。

ごみ拾い後、子供たちを目の前にしてそして、昼食の弁当を食べた後に参加者全員の前で野口さんの”念い”をしっかり聞いた。

○以前は、平気でごみを捨てていた一人の人間だったこと。
○エベレスト登山中に色んな国の登山家に「エベレストを富士山と同じくらい汚い山にするのか!」と批判された事がきっかけで清掃登山を始めたこと。
○机上論でなく現場の状況が凄く大切であること。
○清掃登山をやると決めてから”現場の状況”と”念い”をみんなに伝え広げていく事が凄く大切だということ。
○清掃登山をする事を「最初は無理かもしれない」と思っていても決して諦めないこと。
○最初は、少なかった賛同者・参加者も念いと行動を諦めなければ必ずある時期を越えたときに参加者が増え目標(最初は無理かもしれない)としていた清掃登山を実現できること。

この”念い”は色んな場面で全て共通なんだと実感した。
野口さん本当に有難うございます。
さっそく九州へ移動中の新幹線の中から今日の出来事を野口健公式ブログに書き込まれています。帰宅後、TVを見ているとCOSMOSのCMを見ていて子供たちが「野口さんが出てるぅ」と叫んでた!
私自身のライフスタイルの中の”芯の部分”で非常に参考になる一日でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 NANJYAKORYA 2 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。