NANJYAKORYA 2
「なんじゃこりゃ!」って感じの「感動」を毎日感じていたい。人が聞いて「ふん!」て言われる出来事からボロボロと涙を流す出来事まで。

NANJYAKORYA Ⅱ by さんしろう

このブログを立ち上げて2年目が過ぎた。この期間の間、本当に数多くの出会いがあった。Tennisから始まった出会い, Honolulu Marathonをきっかけに出会った人達、そして感動のFINISHを体験。これからの出会いにワクワクし進化しつづける自分を応援する。私にかかわった人達、そして近未来にかかわる人達を応援し続ける。きゃぁ!素敵ですね。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球交響曲(ガイヤシンフォニー)第6番を見て・・
宇品からアステールプラザまでなんと歩いていったぁ!
これは凄いこと・・・
自転車で約30分弱かかる所を歩いて1時間…
行きも帰りもぉ~

さて、家内のお母さんと一緒に見たんだけど・・
(2時間7分の上映時間)
上映がはじまって10分とたたない内に睡魔に襲われた!
やっちゃったぁ(でもね、眠くなるのぉ!)
見たことがない人は是非、見てみてください。
全国で自主上映会をやってるはずだから!

自主上映会BBSを参考にしてみて下さい。

今回の6番のテーマは、
『全ての存在は響き合っている』

代表的には、以下の3人が出演している!

<ラビ・シャンカール プロフィール>
1920年インド・ベナレス生まれ。67年国連人権週間で、ユーディ・メニューインと共演。60年代、モントレー、ウッドストックなどのフェスティバルに出演。ニューエイジの若者達に圧倒的な支持をうける。74年インド音楽の原点に回帰する運動を開始。以後、世界の音楽家、政治家、経済人と交流を深める。

→シタールという私自身今まで見たことのない楽器の演奏を聴かせ2005年、84才になったラビ・シャンカールは、23才の娘アヌーシュカを伴ってワールドツアーを行い、2日~3日に一回という苛酷なスケジュールをこなしながら、21世紀を生きる世界中の人々に、ナーダ・ブラフマー=世界は音なり、というインド音楽の神髄を伝え続けているんだそうです。
ビートルズの故ジョージ・ハリソンは、シャンカールの音楽に触れて深く目覚め、一介の弟子となって一年間の修行生活を行っていたんだと聞いてへぇ~。中学高校とビートルズのレコードを好んで買って聴いていた私もビックリ!
ジョージハリソンがインド音楽に興味を持ったことは知っていたけどこのラビ・シャンカールの弟子であったとは・・・


<ケリー・ヨスト プロフィール>
1940年アメリカ・アイダホ州ボイシー生まれ。6歳よりピアノを始める。アイダホ大学で音楽と哲学を専攻。2000年『地球交響曲第四番』にフィールドの『ノクターンNo.1』が、2004年『地球交響曲第五番』ではバッハの『プレリュード第一番』とパッヘルベルの『カノン』が挿入曲として使われた。彼女の音楽の源泉である、アイダホの自然環境保護運動においても中心的な役割を果たしている。

→乳がんの手術後に龍村監督のガイヤシンフォニーへの出演依頼があったとのこと。この出演依頼で彼女の目標ができ光がさしはじめたらしい。人との出会いとタイミングに感動した。
日頃からの考え方と自然を愛しているからこそ、その恵みが彼女のピアノを通して奏でる音に魅力を感じるんだと思う。


<ロジャー・ペイン プロフィール>
1935年、ニューヨーク生まれ、ハーバード大卒、コーネル大で“音で世界を見る動物”コウモリやフクロウの研究で博士号を得た。1967年、初めてザトウ鯨と出会い、鯨と海の環境保護をすすめる団体、“Ocean Alliance”を設立。当時彼が出版したCD「ザトウクジラの唄」は世界中で400万枚を超える大ベストセラーとなった。調査船「オデッセイ号」に依る海洋調査航海は延べ100回を超える。2005年、5年間に渡るマッコウクジラの体内に蓄積するPCB汚染の調査を終え、間もなく結果を世界に公示する。

→この映像の中で彼が言ったことが心に残った!
人間の将来には”絶望”がイメージできるけど鯨の将来には”可能性(だったと思う?)”がイメージできると・・・
私もリーマンの仕事をしていてそれをすっごく感じる。
詳細には説明できないけど・・・何か今までと違う方法で何かをしなければいけないと凄く感じている!

21世紀の子供たちに大切なものを取り戻して欲しい!
伝えていく必要がある!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 NANJYAKORYA 2 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。