NANJYAKORYA 2
「なんじゃこりゃ!」って感じの「感動」を毎日感じていたい。人が聞いて「ふん!」て言われる出来事からボロボロと涙を流す出来事まで。

NANJYAKORYA Ⅱ by さんしろう

このブログを立ち上げて2年目が過ぎた。この期間の間、本当に数多くの出会いがあった。Tennisから始まった出会い, Honolulu Marathonをきっかけに出会った人達、そして感動のFINISHを体験。これからの出会いにワクワクし進化しつづける自分を応援する。私にかかわった人達、そして近未来にかかわる人達を応援し続ける。きゃぁ!素敵ですね。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Walking The Boolk !
『なりたい自分』になれるプライミングの技術

「他人につくられた人生ではなく、あたたの人生」の生き方
の考え方・・・



自身を観る、そして自由に観る。まさにこれが本書のエッセンスです。これが先に紹介した摩訶止観や天台小止観でいう「止観」です。
 そして、

「自分をしっかり観ると、自由に観ることができる」
「自分をしっかり観ると、心は自由になる」

この二つです。

私たちはまず自由に観ることができていません。私たちが観ている世界は、過去に学んだ知識を前提に観ているからです。その過去に学んだ知識は、第三者に与えられた知識です。自分で学んだつもりでも、学んだ素材は第三者に選択され加工されて提供されているのです。その知識から自由になって観る必要があります。



当たり前と思っている知識から自由にならないと、いつまでも、与えられた「日常」の中から出ることができません。洗脳下にいる状態が続きます。ところが、幼児期から延々と学んできた知識を捨てて私たちは世界を観ることがどうしてもできません。
そこで、止観の方法では、まず自分自身をしっかりと観るのです。自分がやりたいこと、自分の現在の状況、自分が正しいと思っていること、自分のささやかな幸せ、ちょっとした煩悩、そういったものを、しっかりと吟味して観るのです。Rをゆらがせるのです。
そうすると、隠された情報が観えてきます。秘密が見えてきます。観えていなかったものが見えてきます。密教ということばがあります。これは目の前にあっても、観えない人には観えないから密教の教えなのです。誤った前提知識で曇った目では観えないから密教の教えです。目が開けば、至る所が悟りの世界です。自分をしっかり観ると心は自由になるのです。

心の目が開いていない人がマントラを唱えたり、成功法則を信じたり、ツボを買ったりしても何も起きません。作られた日常の中で何か起きたつもりになっているだけです。

とにかく

「自分をしっかり観ると、自由に観ることができる」
「自分をしっかり観ると、心は自由になる」

です。



やっぱり灯台の時間が大切だったんだぁ!
習慣化して自分を観る時間をつくろうと思っています。
”急がばまわれ!”

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 NANJYAKORYA 2 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。